桂枝茯苓丸【芦屋・西宮 鍼灸香春】

桂枝茯苓丸

 

 

桂枝・茯苓・牡丹皮・桃仁・芍薬3

 カテゴリーとしては瘀血を処置する漢方薬ですが、どうやらそう簡単に

一言で説明できるものではないようです。

 不妊漢方などで、瘀血に対して処方されているのをよく見かけますが、

実は頑固な瘀血に対抗するには少々力不足の感を否めない漢方薬です。

月経痛くらいには使いますが、子宮内膜症やチョコレート嚢腫には単独では

あまり使われません。

 『桂枝茯苓丸』は本格的な瘀血というより、その前段階くらいの状態で、

“癥痼(チョウコ)”という鬱血を、血流をよくして改善する漢方薬です。

瘀血の本命ではないと思っていただければよいかと思います。

 そのため、妊娠していないのに月経が来ないような時や、血流障害

認められるような場合に用いられます。その意味では広く多様な症状に

適応する汎用性の高い漢方薬だといえます。

桂枝茯苓丸の適用

 『桂枝茯苓丸』に含まれる「芍薬」「桃仁」は熱を冷まして津液を増やし

ます。“津液”は生理的な役割を持った水分のことです。この場合は瘀血を

軟らかくして取り除いていきます。「茯苓」も津液を増やし、血流を改善し

ます。「桂枝」は体内の陽気を補って暖め、「牡丹皮」は血を動かす作用が

あるので、瘀血を駆除します。

 適用できるタイプは、食欲低下は見られず、小便はよく出ます。大便は

やや便秘気味で、月経は過少気味で痛みもあります。足が冷え、そのために

熱が上半身へ上ってしまい、頭痛、肩こり、メマイ、のぼせを誘発します。

若年者の場合はニキビの原因にもなります。また瘀血の特徴として、唇の

色が薄黒くなっていたりします。

 体格は中肉中背ですが、もしやや虚弱なタイプの方なら『当帰芍薬散』、

症状がきつく、便秘があり、強壮なタイプなら『桃核承気湯』が、それぞれ

適していることが多いです。

 

桂枝茯苓丸の適応疾患

 適応疾患は幅広く、頭痛、めまい、耳鳴り肩こり、のぼせ、心悸亢進

足腰の冷え、足の火照り、便秘腰痛、面赤、鬱血斑、各種出血、不眠、鬱、

イライラ、神経質、ノイローゼ、神経衰弱、ヒステリー、高血圧、動脈硬化、

ネフローゼ、腎炎、夜尿、甲状腺腫、慢性膀胱炎、神経痛、リウマチ、不妊、

子宮付属器炎、子宮筋腫、月経不順、月経遅延、紫斑病、蕁麻疹、肝斑、

ニキビ、打撲、捻挫、麦粒腫、痔核、睾丸炎、前立腺肥大、虫垂炎、

シモヤケなどによく用いられます。

 

(『宋版傷寒論』『漢方医学体系(龍野一雄)』『大塚敬節著作集

 『漢方主治症総覧(池田政一)』『薬方愚解(木田一歩)』より)

 

芦屋・西宮 鍼灸 香春(こうしゅん)【JR芦屋徒歩6分】

Follow me!

桂枝茯苓丸【芦屋・西宮 鍼灸香春】” に対して7件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です