不妊症・習慣性流産・子宝【芦屋・西宮 鍼灸香春】

不妊症・習慣性流産・子宝

東洋医学の不妊症・習慣性流産のチェックシート

血虚型不妊

❑ 顔色が白い

❑ 体力なく、倦怠感有

❑ メマイや不眠がある

❑ 月経の量が少ない

❑ 月経後に下腹が痛む

❑ 脉が弱い

冷え型不妊

❑ 寒がりで手足冷える

❑ 食欲がない、少食

❑ 性欲が少ない

❑ 月経が遅れがち

❑ 月経が少なく、薄い

❑ 脉が弱く、遅い

熱型不妊

❑ 顔色や唇が赤い

❑ 体格がよい

❑ 月経の色が濃い

❑ 月経前に下腹が痛む

❑ 便通や食欲はある

❑ 脈が強く、早い

湿痰型不妊

❑ 顔色が白く、肥満

❑ 月経が粘り、白い

❑ 生理が不定期で多量

❑ お腹が冷える

❑ メマイ、動悸、便秘がある

❑ 食欲はある

肝鬱型不妊

❑ 顔色や唇が青黒い

❑ 経血が暗紫色で塊がある

❑ 月経前に怒りっぽくなる

❑ 月経不順がある

❑ 大便が黒っぽい

❑ 肋骨の下を押すと硬く、痛い

血虚型不妊

 “血虚”とは貧血も含みますが、血液中の栄養が

少ないという意味でもあります。

 そのため子宮内膜が形成しにくく、着床率が

低下しますし、内臓機能も一緒に悪化します。

血虚による“虚熱”によって冷えのぼせを起こし、

足の冷え肩こり不眠の原因にもなります。

 血虚の原因は様々ですが、胃腸機能が悪く、

消化吸収に問題がある方を多く見受けます。

冷え型不妊

 腎陽虚といわれる体質的な冷え症の方が主な

患者になります。“命門”という生命の活力が弱い

ため、虚弱な感じの方が多く見受けられます。

腰から太ももが特に冷え、寒い日は痛みを伴った

りもします。

 腎の陽気が少ないために胞宮(子宮)が冷え

いることが原因ですが、実際に冷えているのでは

なく、機能低下を起こしているという意味です。

熱型不妊

 熱が過剰になっている状態ですが、もともと

体力が強壮な人によく見られます。

 熱が多いためノドがよく乾いて冷飲したり、

食欲は旺盛で便通も良好ですが、悪化すると便秘

して吹き出物が出来たりします。

 加熱しすぎて血液中の水分が少なくなって、

ドロドロ瘀血になっています。暖めると却って

悪化するので、清熱して対処します。

湿痰型不妊

 見た目は水太りの方が多いです。水が多いため、浮腫みが目立ちますが、

冷えだとするのは浅慮です。身体の表面に水が多いため、お腹などは触ってみる

とひんやりしているという人もいますが、実は却って熱が籠って発散できて

いないという場合もあります。この場合は温めても改善しません。身体の中も

冷えているという場合は暖めてもいいのですが、まずはちゃんと排水しないと

治療効果は上がりません

肝鬱型不妊

 これは気の流れが悪くなっているという意味です。気の流れが悪いと血流も

悪くなりますし、“気滞”という状態をおこします。その結果、瘀血を形成し、

子宮内膜症チョコレート膿胞などの原因になります。

 気鬱状態が続くため、イライラしたり、憂鬱感があり、乳腺に炎症を起こして

痛むことがあります。気分障害などの精神不調を兼ねる場合もよく見られます。

 ストレスと自律神経の不調が原因になります。飲酒も悪化要因になります。

不妊症・習慣性流産のはじめ

 不妊鍼灸・漢方の問題点については【こちら】をご覧ください。

ダメな鍼灸院、漢方店の特徴を分かりやすく記載しています。選んではいけない鍼灸院はこれで7割

くらい回避できますので、どうぞご参考までに。手前味噌ですが、少しはお役に立てると思います。

 その上で、神戸で不妊専門鍼灸・漢方店に約3年務めた経験を踏まえ、これだけは分っておいて

欲しい妊娠確率の裏側を紹介します。

 

 不妊鍼灸院、漢方店を選ぶ際に最も疑うべきは「妊娠率」という項目です。

 簡単にいうと、陽性反応や胎嚢確認を「妊娠」としている所は要注意です。この数値が不自然に

高い治療院はあなたを騙す気マンマンの場合があります。数値通りという神業鍼灸師の先生もいるかも

しれませんが、10軒に1人以下なので、出会える確率が低過ぎて探すのは現実的ではありません。

 なぜ妊娠率を陽性反応や胎嚢確認で計算するのかというと、理由は簡単で水増ししやすいからです。

しかも二重に水増ししていたりします。以下に手口を紹介します。

 彼らはAさんが1年に3回陽性反応を出すと、3人妊娠したことにします。しかもこれ、統計時には

3/1の妊娠になるんです。つまり3人の患者がいて、Bさん、Cさんは1回も陽性反応が出なかった

としても、3人中3回陽性反応が出たということで、妊娠率100%として報告するわけです。

ちょっと意味不明ですが、これが1つ目の水増しです。正確にいうなら33%とすべきですね。

 そして2つ目の水増しが試行回数です。タイミングを見ての自然妊娠でも、人工授精でも年に何回か

チャレンジしている筈ですが、ではその回数はどう計算しているのでしょうか。

 仮にAさんが年に10回チャレンジして、3回の陽性反応が出たとすると、その年の妊娠率は30%

になります。B、Cさんも10回ずつチャレンジしていれば、3/30となり、妊娠率10%となります。

 まずここまでひどい結果にはならないと思いますが、問題点は分っていただけたと思います。

つまり成功回数を患者の人数で割っているため、6割とか7割とかの不自然な数値になっているという

わけです。だから成功回数を稼ぐためにハードルを下げて、妊娠の定義を陽性反応にしているのです。

 まあ、私が勤めていた神戸の鍼灸・漢方店は、心拍確認の確率が2割弱だったのを「妊娠率60.82%

 子宝鍼灸師です!」みたいに単純に40%ほど水増しするだけでしたが。

 

 私が不妊鍼灸・漢方の妊娠率を信じない理由の一部が以上です。実際に自分で体験したり、同業者から

聞く話はもっとひどいものです。→ 詳しくは【こちら】

 こういった統計上のトリックは、実は妊娠の定義を心拍確認にすれば使いにくくなります。1年に

何回も心拍確認までたどり着けるという人は少数ですし、そのままゴールできる人も多いからです。

 逆にいうと、ここが大事なんですが、変に陽性反応の妊娠率が高い所は、ゴールまでたどり着ける

可能性が低いともいえます。仮に5回陽性反応が出て、やっとゴールにたどり着いたという場合、

4回は失敗したということなので、これも却って問題があるんじゃないかと私は思います。

不妊症・習慣性流産と東洋医学

 不妊の原因が冷えだという話をよく耳にします。これはウソではありませんが、正確には

“そういう人もいる”というだけです。最初から冷えが原因だと決めつけたり、自律神経が原因だとか

あなたを説き伏せてくるような所は正直気を付けた方がよいと思います。

 冷えが原因だという勘違いがされるのは、漢方医学が冷えと熱に分類するのを基本中の基本とするから

だと思われます。細かくいえばチェックシートのようにも分類もできますが、結局のところ、冷えと熱の

原因を求めているだけです。瘀血も気の流れが悪いのも血虚も、すべて冷えと熱を発生させる原因を求め

たものです。あとは女性に冷え症が多いため、原因を冷えにしておくと納得感があるからだと思います。

 不妊症は漢方医学的には任脈と衝脈の問題とされます(左図参照)。胞宮というのは

子宮のことです。任脈(ニンミャク)と衝脈(ショウミャク)は経絡の一つで、子宮につながって

います。このルートが「何らかの理由」で循環不全になったり、栄養が供給されない

ことが不妊の原因とされます。その「何らかの理由」というのが、冷えや熱であり、

その冷えや熱を発生させる原因が瘀血や血虚、経絡の不通、臓器の不全というわけです。

もう少しいうと、別の原因で発生した冷えや熱でできた瘀血が、冷えや熱を更に拡大する

ということもあります。

 そのため熱で発生している瘀血を、冷えが原因だからと温め続けても意味はありませんし、却って

悪化するかもしれません。逆もまた然りです。不妊だけではありませんがあなたの体調をよく診て、

病を形成するシステムを深く理解して作戦を練ってくれる鍼灸院、漢方店を探してください

患者不在のお仕着せの不妊プログラムや不妊だからと『当帰芍薬散』『温経湯』、不妊改善サプリを

一様に勧めてくるだけの所は、私の経験上では、ほぼお勧めできません。

不妊症・習慣性流産の鍼灸治療

 『血虚型不妊』の場合は肝経の『太衝』『中封』、腎経の『太谿』『復溜』を中心にプログラムを

組んでいます。血虚タイプの方は体が弱っていることが多いので、お腹はお灸か温灸を使うことが多いの

ですが、下腹部の『気海』『関元』を中心におへそあたりを温めます。他には背中の『肝兪』『腎兪』。

これもお灸か灸頭鍼を使います。あとは適宜『三陰交』『血海』などでしょうか。血虚型には直接影響

しないんですが、不妊治療全体で仙骨部の『次髎』や『胞膏』なども使います。

 あと『血虚型不妊』はベースに胃腸不調が多く見られますので、胃腸の回復も視野入れています

 

 『冷え型不妊』。もともと虚弱で少食といったような体質的な冷え症の方です。日常的に足腰を冷やす

ような職場で働いている方でもない限り、一過性の冷えが不妊の本質的原因になるとは考えにくいです。

 体質的な冷えを漢方医学では“腎陽虚(ジンヨウキョ)”といいます。腎陽は“命門(メイモン)”ともいい、

生命エネルギーの本体みたいなもので、身体、特に内蔵を温める機能だと思ってください。

 施術する時は『太谿』『復溜』『太淵』『経渠』をよく使いますが、他にも足の裏の『湧泉』や『解谿

足三里』も使います。温めることが主になるので、『気海』『関元』あたりはしつこく温灸で温め、

利尿を意識した配穴で余計な水分を排泄させるようにしています。背中の『腎兪』『志室』『命門』も

重点的に温めますし、腎に直結する『京門』も外せません。あとは膀胱経の下腿部に刺鍼やお灸を据えて、

冷え逆上せの熱を頭から足へと降ろすと、利尿作用もあり、足部が温まります

 子宮の冷えが見られるなら、仙骨部の温灸や灸頭鍼を追加しています。正直、熱量が勝負です。

 

 冷えだけが不妊の原因というわけではありません。熱が過剰であることも原因になり得ます

熱型不妊』は体内の熱が高まって発散ができていないか、発散が追いつけないほど内熱を生産している

状態です。熱によって血中の水分が欠乏してドロドロ血液になり、痰や“瘀血”を形成しやすくなります。

そのため子宮内膜の質が悪くなり、生理痛もひどくなります。子宮筋腫やチョコレート膿胞の原因にも

なります。こういう方を温めると却って悪化します。腎経『然谷』『陰谷』、肺経『魚際』『尺沢

などで清熱します。あとは熱源となる胃腸や心肺に熱があるようなら、その熱を収めるよう処置をします。

労宮』『足三里』『上・下巨虚』などを使います。ほかにも、体幹に熱が溜まるなら肩や股関節が

詰まっている=動きが硬くなっていることもよくありますので、これらの改善も必要になります。

 すでに瘀血化している場合なら、当院では漢方を加えて対処するようにしています。

 

 『湿痰型不妊』は体表面に水分が溜まっている水太り体形になっています。そのために身体が冷えて

いるケースと熱が籠っているケースがあります。施術もそれに従ったものになりますが、その前提として

どちらもまずは水滞を取り除く必要があります。『太白』『商丘』、脾経の詰まりがひどいなら『隠白

も併用します。他に『大陵』『経渠』『支溝』を用います。痰そのものは瘀血として処理しますが、

豊隆』は必ず用います。利尿を促して浮腫を取り除くため『委陽』とその下方の、俗にいう足三焦経を

浅刺して軽く刺激しています。冷えているケースでも、熱が籠っているケースでも膝から下は多くの場合

よく冷えているので、膝からふくらはぎ、足首部分は温灸や棒灸で温めることがあります。

 

 『肝鬱型不妊』はいわゆる瘀血型です。先の『熱型不妊』は熱によって血液や体液が水分を失って瘀血

となったものですが、こちらは動力エネルギーの“気”が巡らなくなった状態で、“気滞瘀血”といわれます。

こういった病態を“肝鬱(カンウツ)”と呼びます。肝は自律神経と大いに係わるため、強いストレスなどで肝鬱

を発症します。『復溜』『経渠』『尺沢』『太淵』『太衝』『行間』を使い、肝鬱がひどい時は『大敦』を

刺絡で数滴の出血をさせたりします。他に『中府』『肺兪』『京門』『腎兪』も用いますが、踵にある腎経

の『水泉』に深く刺入したりします。月経不順や子宮瘀血によく効きます。

 あとは水や瘀血を動かすためにお腹に知熱灸や灸頭鍼で強めの熱を加えます。瘀血による背中のしつこい

コリ感には吸い玉で洗い流します。鍼、灸、漢方、その他すべてを駆使して、こびりついているものを

動かしてゆくように施術しています。

不妊症・習慣性流産の漢方薬

 顔色が悪くて色白、冷え症、疲れやすいなら『当帰芍薬散』がよいでしょう。虚弱な感じの方によく合い

ます。流産防止にも有効な漢方なので、使用条件に合致するならお勧めの漢方薬です。同じ流産防止でも、

出血を伴う方の場合は『芎帰膠艾湯』を選択することもあります。

 下腹部が冷え、子宮出血や月経不順がある方の不妊には『温経湯』を用いますが、大塚敬節先生はこの方を

用いてうまく妊娠した例を知らないと仰っていますので、うまく用いる必要があるということでしょう。

不妊だからと無条件に用いても意味がないということです。

 体格がよく、冷え逆上せや月経不順がある人で、おへその左下を少し圧迫すると硬くなって痛むなら瘀血と

考えて『桃核承気湯』を選びます。硬さや痛みが小さい場合は『桂枝茯苓丸』にすることもあります。サメ肌、

唇や舌の色が少し黒ずんでいたり、紫色だったりすることがあります。妊活前の体調管理には使いますが、

移植前後などには使わないようにしています。

 『大黄牡丹皮湯』は体力があって、便秘する人で、右下腹部に抵抗圧痛が見られる場合に使います。流産防止

にも使いますが、当院では万一を考えてあまり使いません。『薏苡仁湯』も同じようなタイプの方でオリモノが

多い人に使いますが、これも同様の理由で私は使っていません。

 体力がなくて疲れやすく、胃腸が弱くて腹痛があり、腰から下が冷えて腹直筋が緊張している、そんな方には

当帰建中湯』がよいでしょう。

 全然体力のない人なら『十全大補湯』ですが、流産後の体力回復にも使います。胃腸の弱い人には要注意です。

 『加味逍遙散』は虚弱で神経質、不眠やイライラ、いろんなことが気になるという繊細なタイプの人の不妊

に使います。特に手足の冷えがきついという人なら『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』、『血虚型不妊』で乾燥傾向が

あるなら『四物湯』なども選択枝に入れます。

不妊症・習慣性流産の漢方薬②

 無月経の方で、生殖器の発育不全、卵巣の機能障害などによる月経閉止で貧血があるようなら『四物湯』。

疲労が強いなら『十全大補湯』、十全大補湯で食欲不振があるなら『帰脾湯』『補中益気湯』。ミゾオチが

痞えて硬いことで月経が通じていないなら『柴胡桂枝湯』、下腹部に抵抗があってよく小便が出るような

瘀血タイプの方なら『抵当湯』。気鬱によって月経が通じないなら『半夏瀉心湯』『香蘇散』でしょう。

 子宮下垂に対しては虚弱弛緩性体質で、貧血や疲労感が強い人には『補中益気湯』、加えて神経症状がある

なら『加味帰脾湯』を使います。他に『当帰芍薬散』『温経湯』なども選択肢に入ります。

 子宮筋腫がある場合は、瘀血として一般に『桂枝茯苓丸加大黄』が用いられます。下腹部の腫瘤、月経障害

を目標にします。月経時に血塊を下すなら『折衝飲』。『抵当湯』も使うことがあります。

 卵巣炎で、体格がよい方で下腹部痛・抵抗が強く出ている場合は『大黄牡丹皮湯』で下すのがよいです。

症状が少し落ち着いたものには『桂枝茯苓丸』や『桃核承気湯』『折衝飲』。症状が激しくない場合は

竜胆瀉肝湯』を用います。卵巣炎の原因の一つが淋菌なので、排尿時痛があったりもします。

 不妊症はさまざまな疾患の結果であることがほとんどなため、実は鍼灸も漢方もこれといった決め手になる

必殺技がありません。温灸とか『当帰芍薬散』とか『三陰交』とか、特定条件下では有効なものはありますが、

誰にでも効くというものでは決してありません。

 冷え、熱、湿気、ストレス、メンタル、胃腸障害、姿勢不良、瘀血などあなたの不妊の原因になるものを

丹念に処置すること重要になります。遠回りに思われるかもしれませんが、漢方医学はホルモンバランスを

一気に整えるとか、一瞬で自律神経を調整するとか、そういった魔法のような技術ではありません

ちゃんとタネと仕掛けがある手品です。改善するには改善するだけの理由があるんです。

不妊・習慣性流産の自宅ケア

 腰が冷えるなら『命門』『腎兪』あたりを湯たんぽやカイロで温めるとよいのですが、一緒に仙骨、

左の図でいうと『上髎穴』などの8つのツボが示しているあたりも温めると効率がよいです。

仙骨部分は子宮のトラブルによく使いますから、月経痛などがきつい場合にも応用が効きます。ただ、

冷えているように見えて、実は熱が籠っている場合は逆に月経痛がより強くなったりします。

 膝下が冷えるなら膝回りの『血海』からふくらはぎ、そして足首の『太谿』を温めると効果的です。

しかし、もともと冷えのぼせがある方の場合は、のぼせ感がより強くなることがあります。

 水太りする『湿痰型不妊』の場合も同様にふくらはぎを温めるとよいのですが、足首の底背屈運動、

できればウオーキングなどの軽めの運動を並行して行います。利尿効果が高まります

 『肝鬱型不妊』は気の動きが悪くなっていますので、適度な運動で汗を流すとよいでしょう。柔軟

体操やピリ辛のカレーなどもよいと思います。激辛だとエネルギーを消耗して却って疲れます。

芦屋・西宮 鍼灸 香春(こうしゅん)【JR芦屋徒歩6分】

Follow me!

不妊症・習慣性流産・子宝【芦屋・西宮 鍼灸香春】” に対して13件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です