夏バテ・夏やせ【芦屋・西宮 鍼灸香春】

夏バテ・夏やせ

東洋医学の夏バテ・夏やせチェックシート

無力型夏バテ

❑ 顔色が悪い

❑ 元気が出ない

❑ 食欲がない

❑ 身体がだるい

❑ 夏カゼをひく

暑熱型夏バテ

❑ 顔色が赤い

❑ 口やノドが渇く

❑ 手足がほてる

❑ いらいらする

❑ 不眠がある

湿気型夏バテ

❑ 夏太りする

❑ お腹がちゃぷちゃぷする

❑ むくみが酷い

❑ 下痢をする

❑ 冷え症がある

無力型夏バテ

 原因の中心は消化器系の機能低下です。

 東洋医学では、人間を動かすエネルギーは

”であると定義しています。

 “”は飲食物を消化吸収して作られ、血液に

混じって身体中へ配送され、また病気から身体を

守るバリアのような役目も担います。

 消化器系の力不足があると、“気”を作ることが

できず、無力型の夏バテになります。

【漢方薬】

補中益気湯、四君子湯

暑熱型夏バテ

 汗をかき過ぎることが原因で、身体に熱が

溜まっている状態です。一時的な脱水症状で、

熱中症の初期です。

 東洋医学では“陰虚”と呼ばれます。

 “陰虚”によって生じた“虚熱”がのぼせると

顔が赤くなり、不眠や頭痛の種にもなります。

 飲水などでとりあえず改善しますが、体質改善

することが重要になります。

【漢方薬】

白虎加人参湯、竹葉石膏湯

湿気型夏バテ

 無力型と同じで、原因は消化器系にあります。

ただ湿気型は過度の飲水や冷やし過ぎが原因と

なって、身体が冷えすぎて代謝がしにくくなって

いる状態です。

 東洋医学手には“湿邪”によって“陽虚”になって

いると定義されます。身体に活力を与えて発散、

発汗を促し、利尿させていくことが重要です。

 冷えが強いため、下痢冷え症を発します。

【漢方薬】

人参湯、六君子湯

夏バテ・夏やせの原因・症状

 夏バテは自律神経の乱れからくる胃腸機能の低下が

原因となって発症します。そのため、施術や処方の

基本路線もおおよそこれらに即したものになります。

 この自律神経の乱れがどうして発生するのかというと、

たしかに左の図のいう原因が重要になります。ただ、睡眠

不足や栄養不足などは別に夏に限ったことではありませんし、

室内外の温度差も、春や秋はともかく、冬にはあります。

つまり“夏バテ”などとわざわざ夏の字を使う理由になり得そう

なのは、水分・ミネラル不足くらいなんです。

 では夏バテの最大要因はなにかというと、“暑い”ということ

です。書いてしまうと至極当然のことなんですが、この点は

非常に重要です。

 暑いと身体に熱が籠るため、発汗を促します。すると

水分が継続的に消費されるので、定期的な水分補給が必要に

なるんですが、実はこの時、自律神経の交感神経が興奮して、

発汗を促進しています。逆に副交感神経は停滞しているので、

胃腸機能は一時的に停止しています。ここへ定期的に水分が

補給されるため、胃腸は消化吸収の仕事ができず、水浸しに

なって食欲低下、消化不良が誘発されます。当然エネルギー

不足となり、倦怠感や無気力、下痢などを発症し、これを

“夏バテ”と呼ぶわけです(引用:「関西漢方苞徳之会

大西宏治先生講義より)。

夏バテ・夏やせと東洋医学

 東洋医学でも消化器系に活力を与えるよう処置しますし、漢方の処方も

ほぼその路線を主としています。

 ただ当院で処置する際には消化器系(脾胃)だけではなく、脾胃から

エネルギーを奪っている肝の処置も同時に行います。この方が治療成績も

消化器系の処置をするだけよりずっと良好です。

 “肝”は交感神経の影響を受けます。例えばイライラして怒りっぽい人を

癇癪持ちといいますが、これは肝積(カンシャク)という肝の病とほぼ同義です。

こういう興奮しやすい、交感神経のスイッチが入りやすいタイプが肝の

基本的なパターンになります。

 肝が活動的だと、脾からエネルギーを得ようとします。これを相剋関係と

いいますが、簡単にいうと肝が活動的だと脾が弱る、ということです。

脾は消化器系ですので、イライラしがちな人は消化不良に陥りやすく、

下痢便秘を患いやすくなります。

 この時に酸味を摂ると肝の活動は収縮し、逆に脾が活動を開始します。

副交感神経のスイッチが入るわけです。誤解しないでいただきたいのは、

酸味に副交感神経を優位にする効果があるわけではなく、肝の活動を収める

作用がある、ということです。西洋医学的にはクエン酸の作用ですね。

 鍼灸の処置もこのような考えに則って、当院では行っています。

夏バテ・夏やせの鍼灸治療

 夏バテの基本的な症状は、夏から残暑にかけての食欲不振、消化不良、

全身倦怠感、無気力、下痢便秘、イライラ、のぼせ、めまい、頭痛、

浮腫みなどを指します。この時期の動悸なども熱の作用には違いないと

思われますが、それらは夏バテには分類していません。

 施術はまず胃腸不良の治療がベースになります。その上で無力型か、

熱型か、冷え型かで施術内容を変えています。

 基本を『中脘』『足三里』『膈兪』『肝兪』『脾兪』『志室』で整えて

から、気虚による無力型なら『天枢』『商丘』『合谷』『裏合谷(注夏)

経渠』『間使』『関元』あたりを使います。

 暑熱による陰虚を起こしているとすれば、『大都』『陰稜泉』『曲沢

上巨虚』『陰谷』を中心に配穴を組みます。一見、お腹が冷えていても、

このタイプの方にはお灸や温灸は使わないようにしています。

 湿気によって痰や飲(イン)といった、病理産生物が主となれば『豊隆

衝陽』『太白』『大陵』『天枢』『陽池』『関元』『水分』『三焦兪

を使います。冷えているので、箱灸などでお腹を温めたりもします。

 あとは『湧泉』や『巨闕』なども場合によっては配穴に組み入れます。

夏バテ・夏やせの漢方薬

 夏バテで最も有名な漢方の『清暑益気湯』は暑さによって口やノドが渇き

汗を大いにかいて、倦怠感食欲不振があります。胸が少しざわざわして、

下痢をする傾向がある方に使います。

 より倦怠感が強く、体力も低下しているなら『補中益気湯』が考えられます。

言葉や眼つきに力がない、唾が湧いてくる、暖かいものを食べたがる

食べると眠いなどの特徴があります。水分の不足は見られません。

四君子湯』は疲れやすく、手足がだるくて顔色が悪く、下痢があります。

食欲もなく胃腸が基本的に弱い人向けです。胃に水分が多くあるため、お腹で

ちゃぷちゃぷと音がしたりします。

 『六君子湯』は『四君子湯』の症状に、嘔吐や下痢といった“痰飲”の症状を

併せ持っています。四君子湯はダルいとか疲れるとか、眠いなどの体力低下の

症状が目立ちますが、本方は下痢や胃内停水といった水のトラブルが主になり、

ひどい時は嘔吐したりもます。

 これによく似た症状で、冷えが強くて胃腸の不調につながっている場合なら

人参湯』を用います。この区別は難しいので、ご自身で判断するのは避けた

方がよいと思います。ちなみに本方を胃腸虚弱の方に与えた場合に浮腫みが

現れることがあると大塚敬節先生の著書で見かけたことがあります。よく効い

ているということだそうですが、実例に遭遇したことがなく、分かりません。

 体格がよく、ノドが乾いて飲水し、よく汗をかいて小便もよく出る方の

夏バテは、身体に熱が籠っていることが原因です。絶えず熱が湧き出している

ため熱がりで脱水気味、皮膚に触れると火照ったように熱く、乾燥気味です。

脈はぽんぽんと強く打ちます。こういう方には『白虎加人参湯』がよいです。

 『竹葉石膏湯』は同じように熱による夏バテに使いますが、その熱が肺に

上がっている場合に適応します。夏バテそのものよりも、暑さによる悪影響を

取り除くイメージです。直接的に使うことは少ないと思います。

夏バテ・夏やせの自宅ケア

 冷え症で特にお腹が冷えたり、よく下痢をする人は『湿気型夏バテ』です。

そういう方はおへその周囲にあるツボの『中脘』『天枢』『大巨』『関元』を

温めましょう。部屋には冷房を入れてもよいので、ペットボトルに温めのお湯を

入れて、お腹だけは暖めるようにしましょう。手が暖かい人なら、手のひらで

暖めるという程度で大丈夫です。犬や猫をお腹にのっけるというのもよい手です。

 『無力型』『暑熱型』の人には、『足三里』を痛くない程度に圧迫して

マッサージします。左の図よりももう少し前へ、向こう脛(脛骨)寄りに取穴

した方が効果的です。『手三里』も同様にマッサージするとよいでしょう。

芦屋・西宮 鍼灸 香春(こうしゅん)【JR芦屋徒歩6分】

Follow me!

夏バテ・夏やせ【芦屋・西宮 鍼灸香春】” に対して4件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です