『間使(かんし)』【芦屋・西宮 鍼灸香春】

【心包経経穴。長掌筋腱と撓側主根屈筋腱の間、手関節掌側横紋の上方3寸に取穴】

 先の『大陵』の上3寸の位置になります。3寸というのは自分の手の、第2指~

5指までの幅になります。または手首から肘までの、4分の1が3寸になります。

 『間使』は経金穴になるため、気の流れを促します。詰まったり支えたり

しているものを流してしまいます。そのため、心臓部の痛みや精神的ストレス

などに用います。また、掌中熱という手のひらが火照る症状にも使います。

 この掌中熱は『大陵』でも対処できますが、意味合い的に大陵は兪土穴、原穴

なので、エネルギー過剰による熱の時に使い、本穴『間使』は熱が停滞している

場合に使います…が、臨床的にそこまで区別することは少ないです。

 “心包経”は“心(シン)”の命令を伝えたり、実行したりするのですが、これは

人間の精神や高次脳機能に関与するということです。ストレスや不安感、鬱

イライラ、焦燥感、恐怖などもその対象になります。この時の反応が左の図で

いうと特に『内関(ナイカン)』『間使』『郄門(ゲキモン)』に緊張や硬結と

といった形で現れます。ご自身の前腕の掌側(内側)の真ん中あたりを触って

硬かったり、少し膨らんで見えるようなら、ツボを問わずに肘の付け根から

手首まで、ゆっくりと、血液や気の流れがよくなるようにイメージしつつ、

滞りを押し流すようにマッサージしてみてください。

 月経不順、消化不良、動悸、溜息などにも効果を期待できます。

【主治・効能】

・嘔吐、少気、中風、気塞、霍乱、乾嘔、心痛、多驚、久瘧、昏迷、卒死

・心外膜炎、心胸狭窄痛、神経性心悸亢進、精神病、ヒステリー、中風、

 半身不随、舌骨筋麻痺、肋間神経痛、腋窩腺炎、腸チフス、掌中熱、

 月経不調、子宮充血、小児の癇症・搐搦

・心疾患、ノイローゼ、神経衰弱、精神神経症(狂病、鬼病)、胸膜炎、

 肋間神経痛、中風、半身不随、咽喉炎、月経不順、子宮充血、小児搐搦、

 書痙、正中神経痛

・マラリア、胃痛、心臓動悸、ヒステリー

・心窩部痛、心悸亢進、嘔吐、中風、昏迷、癲癇、ヒステリー、精神病、

 マラリア、熱病、小児ひきつけ、前腕の痙攣痛

(『鍼灸孔穴類聚(松元四郎平)』『経絡経穴の近代的研究(濱添圀弘)』

 『鍼灸臨床取穴図解(小野田正、池田久衛)』『鍼灸集錦(鄭魁山)』

 『鍼灸経穴名の解説(高式国)』)

芦屋・西宮 鍼灸 香春(こうしゅん)【JR芦屋徒歩6分】

Follow me!

『間使(かんし)』【芦屋・西宮 鍼灸香春】” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です