小青竜湯【芦屋・西宮 鍼灸香春】

小青竜湯

 

 

小青竜湯と風邪・感冒

 これも風邪に使う漢方とされます。ただ、ここまでに紹介した『桂枝湯』『葛根湯』『麻黄湯』とは

ちょっと趣きが異なります。これらの漢方はどちらかというと熱症状が強いイメージですが、本方は

冷えを主体とした風邪に向いています。

 目標としては寒気、微熱があり、呼吸がゼイゼイする。胃に水気が多く、水っぽい痰や鼻水が出て、

小便は透明で出にくい。温まると楽になる。このあたりがポイントになります。これはお腹に水がある

ために身体が冷えて、痰や鼻水になっている状態で、「水毒(スイドク)」といいます。

 主な症状は風邪、喘息、気管支炎、鼻炎、花粉症といった呼吸器系疾患を中心に、腎炎、ネフローゼ、

肋膜炎、結膜炎、羞明にも用いられます。

 『小青竜湯』は水毒が主体となっている風邪に最適な漢方薬ですが、ではこの水毒が溜まってしまう

原因はどうなっているのかというと、水が正しく消化吸収されず、不要な水分を順調に排泄できていない

ことが原因です。胃腸の働きが悪くて体が水浸しになっているわけです。

 東洋医学では消化器を動かしているのは「脾」であり、脾を動かすエネルギーを「脾陽」といいます。

そして脾陽は生命の根本である「腎」のエネルギーの「腎陽」から供給されています。つまり小青竜湯型の

風邪には本質的に腎陽の不足があって水分コントロールができず、胃腸にあふれ、加えて消化器の働きが

悪化したことで、胃腸に余計な水分が溜まったために身体が冷えて、痰や鼻水となっている状態といえます。

 つまり、身体が冷えたために発散力が低下し、身体を守る「衛気(エキ)」が弱体してしまって、風邪を

ひいているというわけです。

 そのため熱症状は少なく、冷えの症状が目立ちます。ただ胃腸に熱気はないのですが、胃腸につながる

「陽明経」には熱が残っていることがあり、この陽明経は鼻や唇の傍を通過しているため、鼻炎症状

呈することがあります。

 治療方針としては発汗を促すために、痰や余計な水分で水浸しの体内を乾かし、陽気を回復させ、

発散を促します。『小青竜湯』はおおよそこのようなベクトルの漢方薬です。

小青竜湯の誤治

 ここで一つ間違いやすいのが、風邪をひいて、ノドがイガイガするので水をよく飲み、水太りして鼻水と

痰が出るというパターンがあります。

 私がそうなんですが、ぱっと見すると小青竜湯が適応するように見えたりします。実際、病院や漢方屋でも

処方されたりします。でもこれは小青竜湯証ではないことがあります。私の場合、小青竜湯を飲むと胸が苦しく

なって咳が悪化し、気分が悪くなります。これは身体の芯の部分、おそらく食道~胃腸の熱が呼吸器に閉じ込め

られていて、体内を温めて乾燥させてしまうと、体内の熱(内熱)が昂って悪化するわけです。

 この時はたまたま手元にあった『麦門冬湯』で、すっとノドのイガイガ、胸の痞えが取れ、咳も長引くこと

なく治癒しました。『苓甘姜味辛夏仁湯』や『甘草乾姜湯』がいいかなとも思ったんですが、手持ちになかった

ので『麦門冬湯』をチョイスしたんですが、結果的に良かったわけです。

 症状だけ見るとほぼ同じなので、見分けがつきにくいのですが、脉を圧迫して診ると強く拍動し、食欲はあり、

暖まると苦しく、咳が発作的で激しいといった症状がみられたことが、鑑別要因になりました。石膏などを加える

となおよいと思われます。

 漢方が面倒に思われるのは、こういったよく似た症状が、全然違う漢方薬でないと治らない、といったことが

あるためでしょう。だからこそ漢方薬をお求めの方は必ず専門の漢方店を訪れて、身体の調子を診ていただいて

から、ご購入ください。

 不妊治療だからといって『当帰芍薬散』『温経湯』と決めて販売しているような漢方販売店をお勧めしないのは、

こうした経験に基づいているからです。お困りの場合は、当院に電話でご相談ください

(『宋版傷寒論』『漢方医学体系(龍野一雄)』『大塚敬節著作集

        『臓腑経絡から見た薬方と鍼灸(池田政一)』より)

 

芦屋・西宮 鍼灸 香春(こうしゅん)【JR芦屋徒歩6分】

Follow me!

小青竜湯【芦屋・西宮 鍼灸香春】” に対して8件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です