『陰陵泉(いんりょうせん)』【芦屋・西宮 鍼灸香春】

【脾経合水穴。下腿内側で、脛骨内側顆下縁と内縁が接する所に取穴する】

 合穴は“逆気”を降すといわれています。逆気というのは気が胸へせり上がってくるような状態で、

呼吸促拍や咳、胸苦しさ、動悸などの症状を現します。ひどく咳込むような時や皮膚の乾燥

激しい時、ノドがヒリヒリと乾く時など、肺の熱による症状がある時にもよく使います。

 また、脾は胃腸の司令塔ですから、胃腸関係の病、特に下痢便秘のようなトラブルではお世話に

なります。あとは肝、心、脾、肺、腎の五臓に病がある時にも使うといわれますが、私はこのパターン

で使ったことはまだありません。なにか意味やポイントはあるんでしょうけど…。

 『陰稜泉』は『太白』や『商丘』などに比べてポイントが奥にあるため、鍼も必然的に深く刺します。

1㎝~3㎝といわれますが、参考文献によっては5~6㎝ともされています。そのせいか、肝経、腎経にも

影響を及ぼすツボでもあります。膝回りのツボはいろいろありますが、冷え症の改善や浮腫み、排尿時の

トラブル、不妊症などにも大いに有効なものが多くある重要ポイントです。

 ツボの取り方が少し難しいかと思いますが、下腿の内側で、脛骨の内縁に沿って指をさすり上げてゆくと

自然に止まる所があると思います。そこが『陰稜泉』になります。

 慢性的なお腹の冷えや下痢小便が出ない方、月経痛や月経不順など、排泄機能不全を改善する作用が

あります。ご自身でケアする場合は、本穴のみならず、膝裏やふくらはぎも含めて温めるか、手のひら全体

でマッサージしてみてください。

【主治・効能】

・逆気を下降する。肋膜炎、腹膜炎、特発コレラ、消化不良、腸疝痛、遺尿、失禁、膣内炎

・逆気を下降する。胸膜炎、腹膜炎、消化不良、悪心、嘔吐、腸疝痛、下腹部膨満、下腹部厥冷、

 遺尿、尿失禁、膣内炎

・腹の張り、下痢、膝の痛み、浮腫み、小便不通、月経不順

・腹痛、脹満、水腫、泄瀉、小便不利、遺精、遺尿、尿閉、月経不順、帯下、女子陰部痛、

 大腿・膝部の腫痛・麻痺

・腹堅、喘逆、疝気、癥瘕、遺精、遺尿、暴泄、餐泄

・内股や下腹部の冷え・引きつり、臍部の痛み、胸の病、脾虚で軟便、尿トラブル、のぼせ、

 糖尿、子宮内膜炎

(『鍼灸孔穴類聚(松元四郎平)』『経絡経穴の近代的研究(濱添圀弘)』

 『鍼灸臨床取穴図解(小野田正、池田久衛)』『鍼灸集錦(鄭魁山)』

 『鍼灸経穴名の解説(高式国)』『経穴の使い方・鍼の刺し方(鍼灸素霊会)』)

芦屋・西宮 鍼灸香春(こうしゅん)【JR芦屋徒歩6分】

Follow me!

『陰陵泉(いんりょうせん)』【芦屋・西宮 鍼灸香春】” に対して4件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です