『大敦(だいとん)』【芦屋・西宮 鍼灸香春】

【肝経井穴。足の第1趾末節骨の爪甲角の外方1分に取穴する】

 東洋医学ではあらゆるものを複数のグループへ分類するのですが、例えば

「一年」を上半期と下半期に分けて、それを陰と陽のグループに分類します。

上半期が陽で、下半期が陰です。4つに分ける時はご存じの四季となり、

5つに分けると木火土金水の五行、6つでは六気(リッキ)となります。

 わたしたちのような古典鍼灸に基づく治療をする鍼灸師は、身体にある

経穴(=ツボ)や経絡を用いますが、当然これも五行や六気に分類されます。

一つのモノをいくつかに分類しているだけだといえます。

 その意味では、最初に『大敦』は“肝経”だと書きましたが、この“肝経”は

五行に分類すると木になり、季節では春になります。ちなみに方角なら東、

色でいうと青です。

 東洋思想上では、暦でいう「大寒(1月20日)」を越えたところから徐々に

春になってゆき、2月4日に春が成立して「立春」となるとされています。

 『大敦』はこの“春”と深い関係にある肝経が始まるところのツボで、

この始まりのツボを“井穴(セイケツ)”といいます。

 春は新芽が長い冬を越えて、芽吹いてくる季節です。人体も同様で、

冬の間は縮こまっていた身体や精神がのびのびと活動を始めます。この時に

“肝”や“肝経”が活性化(これを“旺(オウ)”といいます)するわけです。

逆に活性化できないと病になります。つまり春の病は肝や肝経の影響を

大きく受けているのです。例えば肝経の過緊張や弛緩、感覚麻痺、痛みや

圧痛などの変動として現れます。

 このような時は『大敦』を爪で刺激するだけでも、肝経をのびやかに

活動させる作用があります。経絡がつっかえて、流れを悪くしているゴミを

掃除して取り除いてしまうのです。

 春先に体調を崩す方は、ぜひご自宅で大敦をマッサージしてみてください

 当院では「汎用太鍼」という刺さない鍼で、つんっと突っついたり、

病が頑固な場合は刺絡という、ちくっとさせて1~2滴出血させます。

意外なほどに胸やお腹の痞えが取れて、呼吸が楽になります。

 

【主治・効能】

・心臓病、盗汗、日射病、急性腸症痛、淋病、尿利頻数、亀頭炎、睾丸炎、

 陰嚢漏血、婦人陰部疾患(膣カタル)、子宮出血、小児遺尿、咬筋麻痺、

 腹膜炎、泌尿生殖器の症状一般によい

・淋、疝、崩、厥、外生殖器などの諸病、少腹痛、臍中痛

 小心、喜寝、屍厥、鼓腸、遺尿

・心臓病、盗汗、日射病、高血圧、脳充血、癲癇、肝疾患、胆石疝痛、尿閉

 腸疝痛、腹膜炎、尿遺頻数、生殖器疾患、眼痛、眼充血、全身痙攣、糖尿

・脱腸、夜尿

(『鍼灸孔穴類聚(松元四郎平)』『鍼灸経穴名の解説(高式国)』

 『鍼灸臨床取穴図解(小野田正、池田久衛)』『鍼灸集錦(鄭魁山)』

 『経絡経穴の近代的研究(濱添圀弘)』)

    芦屋・西宮 鍼灸 香春(こうしゅん)【JR芦屋徒歩6分】

Follow me!

『大敦(だいとん)』【芦屋・西宮 鍼灸香春】” に対して6件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です