『太衝(たいしょう)』【芦屋・西宮 鍼灸香春】

【肝経兪穴・原穴。足の第1・2中足骨間。中足骨底接合部遠位の陥凹部】

 春と係わりの深い“肝経”ですが、その中でもエネルギーの源泉ともいうべきツボがこの『太衝』です。

 ツボの中で特に重要なものを“五要穴”といい、五行、五臓、五季(四季+長夏)と関係しています。

例えば心(シン)と関係の深いツボは“滎穴(ケイケツ)”と呼びます。肝経でいうなら『行間』になります。

 そして“兪穴(ユケツ)”の『太衝』と関係の深い臓器は脾胃です。脾胃というのは消化器系のことを

指し、季節でいうと長夏(夏と秋の間)、または土用、あのウナギを食べる季節の節目の日と深く関係

します。脾胃は飲食物からエネルギー(気や血)を作り出すのが仕事ですから、本穴も肝経へエネルギー

を供給して元気づける作用があります。

 また『太衝』が所属する肝経は、特に血液と縁の深いグループなので、貧血不妊治療、生理不順

手術や出産の後など血液を失ったことによる疲労不眠腰痛めまい冷え症などにも使われます。

 こうした血液不足による症状全般を東洋医学では“血虚(ケッキョ)”といいます。

血虚は「血が虚している」=血そのものが足りない、または血液に含まれる栄養が不足しているという

意味なので、それを補うといいのですが、血を造る脾胃と血を管理運営している肝の連携が必要になり

ます。こういう肝と脾を扱わねばならない時に『太衝』が活躍してくれます。

 不妊冷え症腰痛、貧血などでお困りの場合は太衝をゆっくりとマッサージしてみたり、できれば

お灸で暖めたりしてみましょう。

 ただし、逆上せや不眠めまいの方の場合は暖めるとかえって悪化することがあります。その場合は、

循環が悪くなっている可能性があるので、ポイントが変わります。お近くの鍼灸院をお訪ねください。

 

【主治・効能】

・面目が蒼然として呼吸困難となる者、瘰癧、口唇炎、咽乾、吐血、腸疝痛、腸カタル、腸出血、

 便秘、尿閉、睾丸委縮、陰茎痛、子宮出血、五趾不随、小児遺尿・急性腹痛、腰部・下腹部の痙攣、

 下肢冷却、脛骨神経麻痺、鉛毒疝

・頭痛、めまい、癲癇、子宮出血、脱腸、小便不通、半身不随

・狭心症、顔面蒼白、眼充血、口唇炎、呼吸困難、咽乾、吐血、腸疝痛、腸炎、腸出血、便秘

 肝胆疾患、尿閉、睾丸萎縮、陰茎痛、子宮出血、月経閉止、不妊、下腹痙攣、腹痛、腰痛

 坐骨神経痛、腓骨神経痛・麻痺、下肢冷却、五趾不随

・頭や胸部の病を治し、熱を下方へ誘導する(『湧泉』と同じ)

・胸満、脇痛、ヒステリー、ヒキツケ、頭痛、失眠目眩、顔面神経麻痺、溏泄、疝気、遺尿、

 尿閉、赤白帯下、月経不順、足部痛、足部無力、足趾痙攣

(『鍼灸孔穴類聚(松元四郎平)』『鍼灸経穴名の解説(高式国)』

 『鍼灸臨床取穴図解(小野田正、池田久衛)』『鍼灸集錦(鄭魁山)』

 『経絡経穴の近代的研究(濱添圀弘)』)

芦屋・西宮 鍼灸 香春(こうしゅん)【JR芦屋徒歩6分】                                       

Follow me!

『太衝(たいしょう)』【芦屋・西宮 鍼灸香春】” に対して8件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です