補中益気湯【西宮・芦屋 鍼灸香春】

補中益気湯

 

 

黄耆・人参・白朮4、当帰・大棗3、柴胡・陳皮2

甘草1.5、生姜・升麻1

 

 『補中益気湯』は『四君子湯』や『六君子湯』と同じく中焦脾胃の漢方薬として知られます。つまり

胃腸薬の一種ですから、同様に胃腸虚弱、胃下垂、食欲不振、四肢倦怠感、下痢などに効果があります。

 とはいえ『四・六君子湯』がエネルギー不足による胃腸機能の低下を主として、消化器に水分や痰が

溜まっている状態がベースにある時の胃腸トラブルに使うのに対し、本方は少し趣きが異なっています。

 本方は一言でいうと「血の不足によって胃腸機能が停滞」している場合によく用います。正確には

血(ケツ)の不足に伴う精神、人体組織の緊張低下による胃腸機能の不全」というべきでしょう。

 この状態にある人は、血虚による虚熱があるため、わずかに熱が籠っています。血のエネルギーも

少ないため(肝虚)、肝のパートナーである胆が機能していません。胆は少陽経に属し、同じ少陽経の

三焦とは家族のような繋がりがあります。つまり、胆がエネルギーを受けれないことによって少陽経や

三焦経とその支配部位も機能不全を引き起こします。三焦は腹膜などの結合組織を支配していますから、

その緊張を失うと内臓を正しい位置に保持できず、胃下垂脱肛、子宮脱のような内臓下垂の原因に

なります。もちろん血によるエネルギー供給自体が滞ってるので、胃腸機能そのものも失調しますし、

関節や筋肉の力も発揮できないので手足がだるく感じます。また胆は人体のやる気スイッチのような

ものなので、エネルギーを受け取れないと精神的な無力状態に陥ります。

 こうしてみると『四・六君子湯』は原因が脾胃の不調に限局されているのに対し、『補中益気湯』は

血虚がベースにあるため、肝虚という別要因がきっかけになっているといえます。

 こういった症状に対して本方は「当帰」「大棗」で血を増やして「白朮」で巡らせ、「柴胡」「升麻

が気を巡らせ、「人参」「黄耆」「陳皮」「生姜」で胃腸を鼓舞し、「甘草」は腎の虚を補って回復を

目指します。

補中益気湯の適用

 『補中益気湯』は「『小柴胡湯』の虚候に用いる」といわれますが、これでは難しいので明治時代の

漢方の大家・浅田宗伯先生の解説を紹介します。

 「補中だの、益気だの、升提だのと言葉にこだわらず、①手足倦怠、②語言軽微、③眼勢無力、

④口中生白沫、⑤失食味、⑥好熱物、⑦臍動悸、⑧脉散大無力の八症のうち1~2症あれば用いてよい」

簡明ですね。

 上記の八症がある方の、以下のような疾患に用いると効果的です。

 慢性痔疾、脱肛、子宮脱、胃下垂、ダンピング症候群、食欲不振のような胃腸の不調に始まり、胸膜炎、

腹膜炎、腎炎、肝炎、肝硬変のような炎症症状や下血、貧血、夏バテ、結核、病後の体力低下、多汗、

疲労倦怠、下痢などの体力低下に由来する症状にも効果があります。これら以外にも半身不随五十肩

陰萎、感冒のような疾患にも有効です。

(『漢方後世要方解説(矢数道明)』『漢方医学体系(龍野一雄)』『大塚敬節著作集

 『漢方常用処方解説(高山宏世)』『漢方主治症総覧(池田政一)』より)

芦屋・西宮 鍼灸 香春(こうしゅん)【JR芦屋徒歩6分】

Follow me!

補中益気湯【西宮・芦屋 鍼灸香春】” に対して11件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です