『液門(えきもん)』【芦屋・西宮 鍼灸香春】

【三焦経滎穴。手背で小指と薬指の間、みずかきの陥凹部に取穴する】

 あまり使わないツボなんですが、指や尺骨神経の痛みなどを除いては、

頭部の疾患によく使われます

 三焦経は水道といわれ、身体を流れる水の通路のような役目を担いますが、

心包の熱、これを相火(ソウカ)といいますが、この相火の熱を運搬するのも、

この三焦経を通じて行われます。相火は実際に臓器や身体各器官を温める

作用がありますので、水と熱で温水として配布しているのかもしれません。

 『液門』を刺鍼して発汗を促すことができれば、それが効果アリのサイン

だとされています。風邪や熱病、熱による諸疾患で汗が出ないというような、

熱が籠った症状によく効くツボだといえます。

 『液門』は小指と薬指の間のみずかきの始まりの部分、色が浅く変わって

いる部分ですね、そこに取穴します。拳を握ってみて、ちょうど指の股に

あたる部分が、『液門』になります。

 ご自身でケアに使うのはあまり適さないように思われます。

【主治・効能】

・咽痛、目濇、耳聾、歯痛、寒熱、狂疾、傷津などによる乾燥を治す

・発汗させるとよい。熱病が長引く場合によい。頭痛、眩暈、脳貧血、耳鳴

 耳聾、角膜薄翳、歯痛、驚悸、妄語、精神神経症、尺骨神経痛・麻痺

・間歇熱が長引く場合によい。浅深指屈筋麻痺や前腕筋痙攣などの筋肉疾患、

 角膜薄翳、脳貧血による頭痛、めまい、耳鳴、耳聾、歯痛、驚悸、妄語

・発汗させるとよい。盗汗、頭痛、眩暈、脳貧血、耳鳴、耳聾、角膜薄翳、

 歯痛、尺骨神経痛、驚悸、妄語、ノイローゼなどの精神神経症

・頭痛、めまい、眼の充血、腫痛、咽喉腫痛、マラリヤ、耳鳴、耳聾、歯痛、

 手背の発赤腫脹・痒痛、手指拘攣

(『鍼灸孔穴類聚(松元四郎平)』『経絡経穴の近代的研究(濱添圀弘)』

 『鍼灸臨床取穴図解(小野田正、池田久衛)』『鍼灸集錦(鄭魁山)』

 『鍼灸経穴名の解説(高式国)』)

芦屋・西宮 鍼灸香春(こうしゅん)【JR芦屋徒歩6分】

Follow me!

『液門(えきもん)』【芦屋・西宮 鍼灸香春】” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です